Books Cinemas That's ...... 園丁

読書記録・映画鑑賞記録
君がいた夏
■監督 ウィル・オールディス スティーブン・ガンプマン
■原題 STEALING HOME
■公開年  1988年
■星 ★★★★

君がいた夏
B0009Q0JV0マーク・ハーモン ウィル・オールディス スティーブン・カンプマン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-08-12
売り上げランキング : 2,136

おすすめ平均 star
star意外な佳作
star今の日本の若者の琴線に触れると思われる名作
starしみじみ胸にくる映画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
 さえない野球選手のビリー(マーク・ハーモン)のもとへ、いとこのケイティ(ジョディ・フォスター)が自殺したという母からの電話を受け取る。彼女はビリーに自分の灰を託すという遺言を残していたとのこと。 長い間あっていない従兄弟。「あなたならわかるはず」とでも言うがごとくに 託された灰。
彼はふるさとへの帰路をたどりながら彼女とのかかわりを思い出す。

■感想
 妙に安いので、どんな映画かなーと。評判がよさそうだったのでダメモトで購入してみた映画です。
おもしろかったです。 淡々とした映画。青春を振り返る映画だと思います。たぶん、女性よりも男性のほうがかなりこころにひびくところがありそうです。灰をだれでもない従兄弟のビリーに託したケイティ。「なにがいいたかったのだろう」と記憶をたどり追い求めるビリー。 女性の私からみると、あまり誰にも頼らずに皆よりも大人ぶって背伸びをしながらやっていたケイティの心中はどうだったろうと。うまく、誰よりもかっこよく やっているようでも自分がいちばん不器用なところを知っていたのだろうなあなどと思いました。彼女はビリーからみると ただ、からっとかっこよく、実際はその辺の描写はほとんどありませんが。
  ジョディ・フォスター。やっぱりうまいですねー。 友達のアレン(ハロルド・ライミス)のキャラクターがまたいいです。こういう人。きっとクラスに一人はいそう。

 君がいた夏。。。>題名がねー。ちょっと。。。ですね。私は STEALING HOME の方が好きかなー。
| 映画(じっくり) | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フロム・ヘル
■監督 ヒューズ・ブラザーズ
■原題 FROM HELL
■公開年  2002年
■星 ★★★★

アマゾンの評にすっごい長文ネタばれがあるのでー。知りたくない方はあまり読まないほうが映画が楽しめそうです。(私はネタバレあると映画の楽しみが半減するタイプなのです)

フロム・ヘル
B000A0K5BEジョニー・デップ アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-07-07
売り上げランキング : 1,934

おすすめ平均 star
starジョニー・デップが素敵です。
star切り裂きジャックってこういう話?
starわりとグロイです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
 ジョニデ扮するアバーライン警部は、阿片中毒。そのせいか、事件の展開を暗示するような予知夢をよく見る。ロンドンではその頃、娼婦ばかりを残忍な手口で殺害する「切り裂きジャック」が出没し、それに手をやいていた。捜査を開始するがなぞが多く難航する。
R−15指定です。(多分、臓器などのシーンが出てくるためではないかと)。そういうものが苦手な人は避けたほうが良いかもしれません。結構気持ち悪いです。でも、私は面白い映画だったと思いました。

■感想
 なにより、ラスト近くナゾが解けてからの犯人の表情が迫真ですごく怖かったです。彼の論理の歯車の狂い方がすごく怖い。外からそれがうかがい知れなかったのがすごく怖いです。
 ストーリーの組み立てもとても面白かった。謎解きとして織り込まれた糸を少しずつ解いていく作業が
推理小説のように楽しめました。ああ!そういうことだったのか!と。
 ジョニー・デップはいかにも。。。というはまり役。危ない感じでしたね。
若干気になったのは、娼婦が綺麗すぎたこと。普通の女の子たちが娼婦になっているということだったのだと思うのですが、それにしても娼婦が若くて美人で清潔感あふれているとなんだか現実味がないなあーという気も少ししました。 ヘザー・グラハムが綺麗でかわいかったですねー。
霧のたちこめるロンドンの雰囲気が「こんなだったかもしれないなあ」というくらいに再現されていました。狭くて薄暗い路地が多く、暗がりに霧がたちこめると、街中は怖かったでしょうね。

 全体的にはたいへん面白かったです。
 

| 映画(じっくり) | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホワット ライズ ビニース
■監督  ロバート ゼメキス
■原題 WHAT LIES BENEATH
■公開年  2000年
■星 ★★☆ (☆はもう一回見直してみようかと思い始めたので)

ホワット・ライズ・ビニース 特別編 (初回限定生産)
B000A0D90Iハリソン・フォード ロバート・ゼメキス ミシェル・ファイファー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-08-19
売り上げランキング : 926

おすすめ平均 star
star展開が面白い!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
 薔薇の咲き乱れる湖畔の家に夫と娘と3人で暮らしていたクレア(ミシェル ファイファー)は娘を寄宿舎へ送り出すことになり、なんとなくナーバスになっている。夫は有名な科学者。何不自由ない生活。気になるのは引っ越してきた隣人だ。争い声が聞こえることもあり、不審な思いを抱く。

■感想
 2本で1980円パック。もう一本はジョニデのフロム・ヘル。子どもが小さいと、怖い映画はなかなか見る機会がなくなってしまうのだけれど、夏だしねえ。たまにはこういう怖そうな映画も見たくなるというもの。 という理由で購入。 今映画館で映画を見ても今回購入した2本分の値段がかかるので、ほくほく。 もうひとつの理由は、ハリソン・フォード ミシェル・ファイファーという配役。<好き好き。おまけにジャケット裏には 「ヒッチコックへのオマージュ」 監督はロバートゼメキス。なにかやってくれるのではないかという期待に満ちてみたのですが。。。

 あっさり空振りしてしまい。中盤からもう犯人バレバレ。いや、動機まではさすがに予想はつきませんでしたが。(つーかそんなにくだらない動機でそこまでするんだったら ばれたときにそれなりの偏執的狂気の演技が必要かと思うのだけれど。とここまで書いて、いや、普通の人がただそれだけの動機で当然のごとくそういうことをしてしまうほうが現実は怖いのかもしれないけれどと思い直したり。)

 この記事を書くまでは「早く記事かいて、DVDはブックオフ行きかな」と思っていたのですが、アマゾンの評をみると必ずしも悪くないんですね。ふーむ。
犯人もまったくわからなかったという人もいるから、私もたまたま当たっただけかもしれないし。 私の期待が先行しすぎてこんな風にがっくり来ただけで、もう一回見るともう少し良いのかもしれない。

 映像自体(特に水関係)は大変美しく怪しく、不気味にとれていたと思うのですが。
もう一度見直してから 売却するかどうか考えようと思います。そういえば、購入したのに夫も見ていないから今売るのはもったいないかもしれないものね。




| 映画(じっくり) | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
偶然の旅行者
■監督  ローレンス・カスダン 
■公開年  1989年
■星 ★★★

B00011P8T6偶然の旅行者 特別版
ウィリアム・ハート ローレンス・カスダン キャスリーン・ターナー

おすすめ平均 star
star大人のドラマ
starいぶし銀の感動作
star何度見ても良いものは良い
star主人公を囲む個性的な俳優が魅力
star偶然が必然になるとき

曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■こんなひとにオススメ
 ウィリアム・ハートが好きな人。ジーナ・デイビスが好きな人。(特にジーナデイビスの演技はとても素敵。)パートナーについて考えることがあるひと。

■説明
 子どもを不意の事件でなくしてしまった夫婦。それがきっかけでぎくしゃくとしてしまう。別居することになったのだが、夫(ウィリアム・ハート)は 旅行ガイド本を書くのが仕事。そのため家を空ける必要がある。さしあたり困るのは犬の世話。

■感想
 ジーナ・デイビスがアカデミー賞助演女優賞を受賞した映画とのこと。 美しく傍からみると申し分ない妻(キャスリーン・ターナー)と、自分の気持ちを大胆なまでに表現してくるジーナ・デイビス の間で悩むウィリアムハート。  ネタバレマウス反転してよんでください

当初はヘンテコなファッションの教養のなさそうな女性だった彼女、うっとおしいとまで思っていた彼女が気になり始めてからの彼の心の動きが主題のような映画です。

 残念なのは、映画公開当初はあったらしいシーン(彼と妻の間がぎくしゃくしはじめたきっかけの息子の死の場面)がDVDではカットされていること。 私は公開時の映画を見ていないのですが、たぶん、その映像があっての後半の淡々と続く話にひっぱるという意味があったのだろうにと残念に思います。
 彼の変わった家族というのが味があってよかったなあ。

 映画全体の感想については、たぶん自分の置かれている状況によって十人十色だと思います。
私は「妻」の立場で見てしまったので、
マウス反転して読んでください

自分の好みの男性だったら既婚だったとしてもガンガンわかりやすいモーションをかけはじめるジーナデイビスみたいな人がいたらーとちょっと気分が悪いかなー。

 自分のことが妻に理解してもらえてないと日々感じている男性には別の見方がありそうな気もします。 ジーナデイビス(とても好きな女優さんです)は「変な女性」になりきっていて、さすがうまい。

 映画の雰囲気としては「私の中のもう一人の私」の男性版という感じもありました。 
| 映画(じっくり) | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
英雄〜HERO
■監督  チャン・イーモウ
■公開年 2002年
■星 ★★★
■公式サイト 英雄〜HERO

B00009RG46英雄 ~HERO~ スペシャルエディション
ジェット・リー チャン・イーモウ トニー・レオン

おすすめ平均 star
star東洋人の感性
star綺麗で切ないのに、甘ったるくない。
star色が美しい映画。
star映像美は圧巻!ただアクション映画としては・・・。
star映像の美しさとチェン・ダオミンの演技力が見所です。

曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■説明
秦王のもとにやってきた男(チェン・ダオミン)は お尋ね者の3人の暗殺者を倒したということで王にお目通りを許された。 彼はその顛末を王に説明するようにと言われ、語り始める。

■感想
ワイヤーワークに期待して見た。対決のシーンは舞踊を見るかのごとく華麗。映画は色彩が美しくこういう絵をどこかで見たことがあると思ったら、よくチラシに入っている 張歩 の彩墨画だった。
 映画は、王と男が対峙して説明している内容を映像として見せている。 男と王の知恵比べ(王の洞察力)がまるで時代小説でも読むようだと思いながら見た。

 ラストはあまりにも。 今の時代の閉塞感とあいまって、いろいろと考えてしまう結末だった。
スケールはあまりにも大きく、映画館で見たらさぞ見ごたえがあっただろうと思う。
| 映画(じっくり) | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
穴 HOLES
■原題 HOLES
■監督 アンドリュー・デイビス
■公開年 2003年
■星 ★★★★★
■公式サイト 穴HOLES

B0001LNNT8穴/HOLES
シガニー・ウィーバー ルイス・サッカー アンドリュー・デイビス

おすすめ平均 star
starゼロ役の子の今後期待してまっす
starディズニーなテイスト
starハッピーエンド。
star隠れた(?)名作
starとっても面白かったです!!

曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■説明
 スタンリーの家系はまったくついていない。今日も外を歩いていると突然空からスニーカーが降ってきてスタンリーにぶつかった。あれよあれよという間に靴泥棒にされてしまい、無実の罪で逮捕される。判決は有罪。

■感想
 とにかく面白い! その割にはうわさ聞かなかったなあと思ったら劇場未公開なのだそうです。私がどうしてこれを見たいと思ったのか。それはほかのDVD(ホーンテッドマンション)の頭のところにあった、この映画の予告編を見たから。そうして、このペーパーバックを以前読もうとしていて挫折してしまったから。「あ! あの話だ!」と。

 そうなんです。ベストセラー小説だということだけでネットで注文した本だったので、前半悪いこともしていない主人公が濡れ衣でつらい目にあっていて、それを読んでいるのがつらくてやめてしまったのです。(何が起こるのか、この本はSFなのかそれとも?ということさえ知らなかった)それに、この映画、ディズニーなんですよ。 その冒頭の部分の印象から「え?あの本、ディズニーでアリなの?」という気持ちもありました。

 面白かったです。もちろんディズニーですから子どもが見ることのできる映画ですが、いつもが「付き合いで乗るメリーゴーランド」ならば、こちらはジェットコースター?いえいえ、もう少し頭で謎解きをしながらいろいろなエピソードをつなぎ合わせていかないと全体の謎解きはできません。 全部見終わった後にもう一度頭からみて検証したい衝動に駆られるそんな映画でした。
シガニー・ウィーバーがすごいですね。彼女は本当にいろいろな役にチャレンジしていて、みていて楽しかったです。我が家では息子と一緒に日本語吹き替え版で見たので、「なんですって?」というのが頭から離れなくなってしまいました。<マイブームになりそう。
 文句なしに面白いです。私はよみかけのままおいていた本を、息子の夏休みが終わったらあいた時間にもう一回チャレンジしてみようかなあと思い始めました。

 挫折した方の本はこちら。
0440414806Holes (Yearling Newbery)
Louis Sachar

おすすめ平均 star
star面白い!
star大人が読んでも面白い!
star大人にも読んで欲しい児童文学
star英語教材としてハリーポッターと比較すると?
star大人も読まなきゃ勿体ない!

曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools






| 映画(じっくり) | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チャンス
■原題 Being There
■監督 ハル・アシュビー
■公開年 1979年
■星 ★★★★

感想を見る場合は上で。値段は下が980円
B00005L8OZチャンス
ジャック・ウォーデン,  シャーリー・マクレーン,  ハル・アシュビー,  イエジ・コジンスキ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2001-07-06
売り上げランキング : 8,995
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

B0009H9XGQチャンス
ピーター・セラーズ ハル・アシュビー シャーリー・マクレーン メルビン・ダグラス

ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-05-20
売り上げランキング : 1,507

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■こんな人にオススメ
 じっくりじんわりと心に残る映画を見たいと思っている人
 シャリー マクレーンのファンの人
 ピーターセラーズのファンの人、彼のクルーゾー警部とは別の演技を見てみたいと思う人

■説明
チャンス(Chance)は庭師だった。ところが屋敷の主人が死んでしまい、屋敷を出て行くことになる。チャンスは生まれてこの方屋敷を出たことがなかった。おまけに、彼の存在自体、記録になかった。屋敷の主人が亡くなってしまった今、彼はどういう素性のものかもわからなくなってしまった。はじめての屋敷の外。見るもの聞くものすべてが珍しいチャンス。

■感想
 チャンスという日本語の題名とパッケージの裏の「チャンスは一躍時の人となるが」という説明でいつものアメリカンサクセスストーリーや 軽い映画だと思って見始めたのだが、なんとも不思議な雰囲気の映画だった。 購入当時みはじめてじっくりと見る時間がなくお蔵入りになっていたもの。

先日、花時間という雑誌の書籍紹介欄に「庭師ただそこにいるだけの人」という本があり、その名前と表紙に引かれて説明を読んでみたところこの映画にゆきついた。映画の原題は Being There. そうか。私がチャンスというイメージに振り回されていたんだな。  
4870316579庭師ただそこにいるだけの人
ジャージ・コジンスキー

飛鳥新社 2004-12
売り上げランキング : 47,144
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 楽しんでみるというよりも、心配性の私はいつか周りの人が気づいてしまうのではないかとハラハラしながら見ていたので最初のうちはかなりつらかった。
 彼の言葉を比喩として理解する成功者達のよりどころのなさや、政治の世界の滑稽さも描かれているけれども、それはいままで私が見たアメリカ映画のような軽い扱いではなくふしぎにじわじわとした感覚でせまってくる。 そこにいるだけの人。あることをあるがままに言う人。人はものごとを理詰めで考えるとき、あるがままに受け入れることを忘れ勝ちになってしまうのかもしれない。
 物事は、あるがままにあることをそのままに受けとめることが大事なのかもしれないと思ったりした。

ハラハラしながら見た映画だけれども、全体を通して静かな運び。見終わった後はなぜか チャンスと一緒に雪の残る林をあるき、水面を見守り、気持ちがしんと静まっていた映画でした。

主演はピーターセラーズ。 聞いた事があるとおもったら、クルーゾー警部ということ。名演技です。

| 映画(じっくり) | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
愛してる、愛してない・・・
■原題 A LA FOLIE...PAS DU TOUT/HE LOVES ME...HE LOVES ME NOT
■監督 レティシア コロンバニ
■星 ★★★★★
愛してる、愛してない・・・
オドレイ・トトゥ

ビデオメーカー 2003-09-26
売り上げランキング : 9,677
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■こんな人にオススメ
 コワーイ話が好きな人。
 オドレイ・トトウ(アメリの)が好きなひと。

■説明
アンジエリク(オドレイ トトゥ)は順風満帆。心臓外科医の彼に一輪の薔薇をプレゼントして帰った日に、自分の絵が賞をとったことを知らされる。 ただひとつ障害になるのは、彼には奥さんがいること。
彼は、心臓外科医。奥さんは弁護士。

■感想
私はこの筋を知りながら「おもしろい」と聞いて見たのだけれど、この映画は絶対に何もしらないで見るべきだった。 「アメリ」のときも あちこちに書かれたキャッチフレーズが見てからの映画の楽しみを半減させたような気がしたけれど、こちらもすごく残念。 そういう意味から、見る前に映画の流れを知ったらいやな人は上に貼ってあるアマゾンの評は見ないでーと言いたい(ネタバレ全開のものも多いので)
 ただ、ひとつ書いておくと アマゾンの [DVD NAVIGATOR」データベースよりという記載は「本当に映画みてから書いてます?」 というちょっと筋が違うような気も。これってわざとなのかな?

 このDVDのジャケットにある キュートでこわ〜いラブ・ストーリー というのがピッタリだと思う。
あー。オチを話したいけど、この辺で。 見て損をしたとは思わない映画としてよくできていると思います。 フランスで映画を作るとこんな風になるんだなあーという アメリカ映画とは違う雰囲気も好ましいと思いました。

後半妙に明るい「L-O-V-E」というナット キング コールで有名な歌(BOSSのコマーシャルに使われていたらしいです)たぶん誰もが一度は耳にしている歌がものすごく怖さをまします。これは終盤に向かってどんどん加速する怖さです。

L is for the way you look at me
O is for the only one I see
V is very, very extraordinary
E is even more than anyone that you adore can


どんな歌?という方のために Shiori音ののーと さんの
ピアノ演奏midi ページの好きな曲カテゴリーLにある L-O-V-E です。直リンクはしてませんので 上のリンクから言ってみてくださいね。

LOVEを検索していて見つけたサイト。 前田有一さんという映画評論をされている方のページです。さすがネタバレせずに、すごくスマートに紹介していらっしゃると思います。 超映画批評

以下追記ですフォントの色を変えていますのでマウスで反転してご覧下さい====

続きを読む >>
| 映画(じっくり) | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジキル&ハイド
■原題 Mary Reilly
■監督  Stephen Frears スティーブン・フリアーズ
■製作年 1995年
■星 ★★★★
ジキル&ハイド
ジュリア・ロバーツ スティーブン・フリアーズ ジョン・マルコヴィッチ

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2004-06-23
売り上げランキング : 32,645
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■みどころ
ジュリアロバーツの おどおどした演技。溌剌としてニカーと笑うだけの女優さんでないという実力を感じました。ジョン・マルコビッチのジキルとハイド二役の変貌。CGまかせではない正統派の演技。こちらも素晴らしい。
映像の美しさ。

■説明
あまりにも有名なジキル博士とハイド氏。薬の力によってジキルと正反対のハイドという人格が発生して。。。という話が、今回はジュリアロバーツというお手伝いを通した目で語られます。

■感想
日の当たらない、霧ばかりの暗いイギリス。映画では全編を通して日があたることがありません。その陰鬱な雰囲気がとてもよく話にマッチして、一気に見るものを ジキル&ハイドの世界に連れていきます。
 キラキラと明るいイメージが先行するジュリアロバーツですが、ここでは怯えたお手伝いを好演しています。決して小柄ではない体を猫背気味に小さく縮め、おどおどとした振る舞いがうまい。いつものジュリアよりもずっと地味で「美人」という雰囲気はまったくない彼女です。それがまたうまいと思います。(ジュリアファンには不評かも)

 対する、ジョン・マルコビッチのジキル博士・ハイド氏もうまい。 神経質で自分を押さえがちなジキル博士と何をしでかすかわからないハイド氏を見事に演じ分けています。
しいて言うなら、ネタバレマウスで反転して読んでください最後のCGは蛇足という感もあり。映画では見飽きた変身シーンに目新しさを求めたのでしょうが、私は違和感を覚えました。

 全体的には、多分、これは身分違いの恋がテーマだったのではないかと思うのですが、どうでしょう。
邦題では「ジキル&ハイド」ですが、原題はMary Reilly 。あくまでもジュリア演じるお手伝いの話だと思います。
 お手伝いとして雇っている娘が気になるジキル。しかし、年齢差や身分差、世間の常識が気になって言い出せない。ハイドはそれを嘲笑するように彼の欲望をそのままに出して自由奔放に行動する。
ジキル博士の家がまた見所。広く素晴らしいインテリア。
映像も暗い中に回り階段を上から取った図など美しいシーンが多いです。実験室からの裏に作った釣り橋が不安定で、実際にはありえないとは思いますが、これがまた現代芸術を見るようで美しいと思います。ゆらゆらとゆれる不安定な橋は見ている人を不安にするそういう要素を盛り込みたかったのかもしれないと思いました。

 母が亡くなったと連絡を受け、貯めたお金で葬式を出してやりたいと出かけるジュリアですが、母の身に残ったお金は1シリング。「一生働いて1シリング」という言葉はジキル博士の優雅な生活ぶりと対比して身分差別の激しいイギリスを感じさせる言葉でした。 召使達相互でもランクがあり、ジュリアは一番の下働きだということがわかるシーンも沢山ありました。
 
 「ジキル博士とハイド氏の不気味なこわささを求める人」「ジュリアロバーツのかわいらしさを求める人」には評判があまりよくないかもしれないと思いながらみました。映像はグロいものもありましたが、そんなにはこわくありません。ジュリアも驚くほど地味です。
グレン・クローズは、期待通りの役柄で出てきています。
| 映画(じっくり) | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キリング・ミー・ソフトリー
■原題 Killing Me Softly
■監督 チェン・カイコー
■星  ★
キリング・ミー・ソフトリー
ヘザー・グラハム ジョセフ・ファインズ ナターシャ・マケルホーン イアン・ハート

アミューズソフトエンタテインメント 2002-08-23
売り上げランキング : 24,714
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
ロンドン。恋人と二人で暮らしているアリス(ヘザー・グラハム)は、出勤途中に押しボタン式信号を偶然一緒に押してしまった男(ジョセフ・ファインズ)が気になってしまう。

■感想
先日、録画してあったのを発見して「そういえば、聞いた様な名前の映画だな」と録画予約していたような記憶がよみがえった。 覚えていたのは、覇王別姫と同じ監督だったからか?。
 しかし、みた後に、覇王別姫とは全くイメージが違う映画にビックリ。

と、いうか、私はあまり好みではない映画だった。ヘザー・グラハムは青い目が大きくて、ちょっと老けたら怖そうだけど、少女漫画みたいな顔立ち。どことなくさびしそうな笑い顔は、熱烈なファンがつきそうな感じ。役どころは「できる女」なんだけど、どうも「できる女」っぽくない。これは、彼女のファッションや髪型やら、そういうものも関係あるだろうけれど、雰囲気が自信なさげなところもそういう雰囲気をかもしだしているように思う。 いや、できる女にはおとなしい人もいるけれども、そういう人には強い意志の力とかそういうものを感じるような気がするんですよね。本当は。
以下内容をそのまま説明しますので、色を変えて
 
だいたい、「今大好きな彼」と自分が説明している男性と住んでいる、会社でもある程度の役職についている女性が、たまたま押しボタン式信号で手がふれあい、目を見交わした相手(みるからにアヤシイ男)を追いかけ、男が誘うままに名前も聞かないまま勧められるままにタクシーにのり、あれよ、あれよという間に彼の家(後ほど家でなかったことがわかるのだが)につれて行かれ、そこで 「あらら、そんなことになってしまう?」という展開は、知らずにみただけに「ハァ?」でした。
 ストーリー展開に説得力がないんです。 いや、説得力は要らないそういうR-15系の映画だといわれればそれまでですが。

だいたい、最後の落ちはストーリー展開に重要な人物(これは伏せておきます)が出てきた時点でもうわかってしまって、ああ、そうだろうね。そういうことだろうね。と想像がついてしまったし。

それにねー。信じてもらえなかったからといってそれっきりってなんだそりゃ?(だれがとは詳しくは書きませんが)あなたは、そうでなくても行動が充分あやしかったんだから、普通の人だったら信じられないよ。
ま、ヘザーグラハムも ジョセフファインズも自業自得ですな。と、思ってしまったり。<冷たい? 


覇王別姫は泣いたおぼえがあるんですが、この映画はぜんぜん泣けませんでしたよ。

みんなのレビュー(ネタバレあります注意ね)
 
で、ああ、本当にそうだねえ。と、思ったのは、(色変えます)

勝手にコメントしてごめんなさいですが、
 先が読めるストーリーに拍車を掛けて、SMチックなHが強烈な印象だったので、私としてはあまり人にお奨めできるものではありません

はい。私もそう思います。↑
 ヘザー・グラハムと女性の願望みたいなものの捉え方にこの点数かな

うーん。監督はそうおもっていたのかもしれませんねーでも、世の女性がこんな願望を皆もっているとおもう人は、はっきりいって大きな勘違いだと。。。 こういうのがあるから、痴漢っていう勘違い男が世からなくならないんだなあ。たぶん。↑

 ヘザー…すごい脱ぎっぷり…。ちょっとびっくり

たしかに、私もビックリしました↑

 ポルノだと思ってみれば、超デキいいです。それなら8点くらいあげられるかもしれない。ふつうの映画としてみれば4点くらいか

ああ、そういうことだったのか。。。↑

 それでいいのかチェン・カイコーって感じでしょうか?折角シーン毎の映像が綺麗なのにどこでもかんでもエッチさせてしまうバカップルにゲンナリでした。「エーゲ海に捧ぐ」かと思いましたよ。特に愛する人を雪の中待ちつづけるヘザーに待ちわびた彼が登場した途端濃厚なキスが始まり、玄関先で乳揉みしだかれて、あらあら...真犯人がどうとか言う問題ではなく既にヘンタイ丸出しの彼に疑問。首を締められてよがるわ、縛られてもドキドキしてるわで勝手にするのは良いけどもうちょっと考えようよ。愛は盲目とでも言いたいんでしょうか?ま、この作品のオープニングで雪山を背景にあえぐ二人がかぶさっている時点でイヤーな予感はしてたんですけどね。泥棒をボッコボコにぶっ倒すジョセフをまざまざと見せつけた後にプロポーズするとヘザーはあっさりOK。どんな神経しとんねん!ヘザー・グラハム、アンタほんと作品選ぼうよ。彼女の脱ぎップリの良さと美乳のみの点数です。(それでも3点ある!!

ホンマに!私が言いたい事行ってくれてウレシイ。↑


ジョセフ・ファインズ 、前に私が見た他の映画のイメージとまったく違う、「何考えているかわからない男」を違和感なくその通り演じきったところは、彼の役者の力量っていうところでしょうか。 今回の役どころは、私だったら絶対係わり合いになりたくないタイプだなー。
| 映画(じっくり) | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセス解析とっています。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE