Books Cinemas That's ...... 園丁

読書記録・映画鑑賞記録
<< 鴨川ホルモー | main | 予知夢 >>
分身
■著者 東野 圭吾
■星   ★★★★

分身
分身東野 圭吾 集英社 1996-09売り上げランキング : 2201おすすめ平均 starstarぞくぞくしましたstar今まで読んだ中で白夜行と並ぶ良さ!star前半ややテンポが遅いAmazonで詳しく見る by G-Tools


■説明
 「もしかしたら私は母に嫌われているのではないか-」鞠子が、そんな思いを抱くようになったのは小学校高学年のころだった。はっきりとそう思うわけではない。表面上は普通の家族。でも、ふとした母の表情やしぐさに違和感を感じる鞠子。

■感想
 1993年に書かれたらしい。私が読んだ中では古い作品に分類される。根っからの東野ファンの中には「これは普通すぎる」と思われる方もありそう。でも、私としては、読後に重苦しいやりきれない気持ちにならずにすんでほっとしたというところ。 てっきり、東野圭吾の作風がそういうものなのだろうと思っていたら、そうではないことにこの本で気がついた。 私にとって読みやすい一冊だった。
| | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセス解析とっています。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE