Books Cinemas That's ...... 園丁

読書記録・映画鑑賞記録
<< 魔女モティ | main | 長い長い殺人 >>
家守綺譚
■著者 梨木香歩
■星   ★★★★★

家守綺譚
家守綺譚梨木 香歩 新潮社 2004-01売り上げランキング : 9197おすすめ平均 starstar昔の事star感じたものは、そこにあるstar新作だぁ〜Amazonで詳しく見る by G-Tools


 家族と一緒の生活は、純粋な自分の時間というものが少なくなり、その代わりに家族と一緒の時間が増え、そうして家族共通の記憶が残っていく。それは、生命感に満ち溢れていると同時に、そこには「日常の雑事」と一言で表現できる心配や幸せが詰まっている。今の自分は、こうやって家族と一緒に暮らしていてたしかに幸せだと思う。けれど、たまにこの本の主人公のように、流れる水の中に漂っているかのごとく、もしくは、心地よくひんやりとした5月の乾いた風の中に立つがごとく、自然や時の流れによりそって静かな時間をすごしてみたい。そんな気もする。
 つまり、気ままな一人暮らしがふととんでもなく懐かしいもののような気がするときがある。 

 家に住んだ頃から、主人公綿貫の周りには不思議なことが起こりはじめるのだけれど、それは奇異なことでありながら、あって当然のこととまわりの人々も受け止めているので、 「ああ、世にはそういうこともあるのか」と読み手の私も一緒に不思議の世界へいざなわれる。

 28の章にはそれぞれ 植物の名前がついている。 サルスベリの季節からはじまり、次のサルスベリが咲くころまでの約一年間の話だ。

 どれも好きな話ばかりだったが、特にと考えると、

ヒツジグサ(最後のところが特に好き)
ツリガネニンジンの
 河童が二、三日逗留していたようだったが、ゴローがまた朽木村まで送っていった。
−河童はなれなれしいところがあるから、あまり深入りしないよういゴローにいっておかないと。今度のはわざとらしい。

 というところ、  

南蛮ギセル
ホトトギス
そうして最後の、葡萄

 どこが好きだとかきつくしてしまいたいと思う気持ちもあるけれど、書いてしまっては全てが現実にもどってしまい、ふわふわと感じているこの本に惹かれる気持ちが消えてしまうような無粋な気がして、そういう気持ちはたまにはひそかに自分の心の中にしまっておいてもよいかもしれないななんて思ってしまう。

 同じようにこの本が好きだという人と ゆっくりと話せるときまで自分の心のなかにしまっておきたい物語だった。

 
| | 17:10 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
初めまして。TBさせていただきました。

うちにたまたま野草の本があったので、
それを開きながらこの本を読むと、2倍楽しめました♪
カラスウリがあんなに可憐な花とは知らなかったですし、
セツブンソウの存在も初めて知りました。
話では、サルスベリが一番好きですが、どれも良かったです(^^)
本当に、たゆたうように読みたい物語ですね。
| aopu | 2006/06/04 12:56 AM |
aopuさん。こんにちは。はじめまして。
私は植物が大好き、自然の植物をみるのも大好きなので、全部の植物が符号して大変たのしめました。本当に大好きな本になりました。 カラスウリは写真でみるとレースのような花ですが、夕方に咲く花はあの物語のようにどこか妖しげな雰囲気を持った花なんですよ。 梨木さんも植物がお好きなのだなあと思いながら読みました。
| pon2 | 2006/06/04 8:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
家守綺譚
図書館で梨木果歩さんの 『家守綺譚(いえもりきたん)』を 借りてきて、読んだ。
| A Little Polestar | 2006/06/04 12:38 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセス解析とっています。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE