Books Cinemas That's ...... 園丁

読書記録・映画鑑賞記録
<< 鳩笛草  | main | 裏庭 >>
ラッキー・ブレイク
■原題 Lucky Break
■監督  ピーター・カッタネオ
■星  ★★★★

ラッキー・ブレイク
ラッキー・ブレイクジェームズ・ネスビット オリヴィア・ウィリアムス ティモシー・スポール

アミューズソフトエンタテインメント 2003-04-25
売り上げランキング : 28,881

おすすめ平均 star
starハズレかと思ったら結構おもしろかった
star素直に楽しみました!
starイケてないけど、かっこいい・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
 昔からの腐れ縁の ジミー(ジェームズ・ネズビット)とルディ(レニー・ジェームズ)は 強盗を企てるのだが、いまひとつドジが災いしてしまい、刑務所に入れられてしまう。刑務所所長がミュージカル好きであることを知った二人は脱走計画を立てるのだが。

■感想
 アメリカ映画ならば、明るく明るく爽快に脱走計画。というのが常だけれど、こちらはどこかがちょっと違う。全体的に暗めの展開がじっとりと続く前半、この前半を乗り切れないと途中で見るのをあきらめてしまいそう。 じっくり見ていると、いろいろなところで妙に「くすり」と可笑しい設定にはまってきてしまう。
 ミュージカルを上演することになって 皆で練習するとき、お決まりのパターンをみつけて「いるいる。そういう人」と思ったり、
妙にツボにはまるおもしろさが隠し味のようにちりばめてある。
 たとえば、調子の良い「ヤッタゼー」という映画は使い捨てになりそうなのだけれど、この映画の不思議なところは見終わって1週間・2週間経った頃に思い出すともう一度見たくなってしまうようなところ。 ヒロインのオリヴィア・ウィリアムスが綺麗なのも私にとっては、ポイントが高い。
| 映画(じっくり) | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセス解析とっています。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE