Books Cinemas That's ...... 園丁

読書記録・映画鑑賞記録
ブレイブストーリー
■著者 宮部みゆき
■星   ★★★★

ブレイブ・ストーリー (上)
ブレイブ・ストーリー (上)宮部 みゆき

角川書店 2006-05-23
売り上げランキング : 17

おすすめ平均 star
starひとあじちがう
star長っ!
star残念

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【説明】 
ワタルは、小学校5年生。ごく普通の家庭の一人っ子だ。近所のビルに幽霊が出るという噂で幽霊ビルを友達と一緒に見に行った。そこで不思議なものを見てしまう。

【感想】
 ブレイブストーリーは、まさにRPGの世界でした。本を読んでいて こんな感じなのは珍しいのだけれど、本の中での表現がゲームをもとにしているからそんなものなのでしょう。宮部みゆきのファンタジーというのは初めて読みました。本当にこの人は多才な人だなあとおもいました。

 ストーリーは「裏庭」などよりももっと軽くさくさくと読めるものですが、かなり厚い本です。(映画化にともなって文庫本も発売されました)そうして、妙に納得する表現にふと出会ったりします。

 かなりのネタバレになってしまうので、フォントの色を変えます。マウスで反転させて読んでください。
(ここから)
話の後半で主人公のワタルはあることがあってどんどん迷い始めます。

「あなたが今、そこで煩悶しているすべてのこと。〜という恐怖〜と言う恐怖。〜という恐怖。(略)すべてあなたが生み出し、あなたが形を与えた恐怖であるが、あなたには消すことのできぬ恐怖だ。」



と指摘された主人公は物語のラストで自分が切り捨てていた自分に目を向けてそれを受け入れることで自分を取り戻します。

争いを重ねる愚かさも、自分の信じるものしか目に入らない心の狭さも、目先の楽ばかり手を伸ばす性急さも、みんなみんな含めて、それがワタルの幻界なのだから。ワタル自身なのだから。



(ここまで)

後日映画も見ましたが、映画はかなりの部分が単純化されてしまって 本来、宮部みゆきが書きたかった結末とは少し離れてしまい、RPGっぽいところだけが残ったように思いました。 また、二人の少年の家庭環境が複雑なだけに、小さな子供にこの映画をみせるべきかと迷われる保護者も多いかと思います。 息子(小3)と一緒に見ながらも、「息子はこういうことわかるのかな? 見ても大丈夫かな」と思いました。
 本の方も、「お父さんがお母さん以外の人と暮らしたいと思う」というシチュエーションが理解できるか?と思うと、やっぱり読むにはワタルとおなじ5年生から上が望ましいのではないかなと思いました。
| 子供の本 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
約束
■著者 村山 由佳
■星   ★★☆

約束
約束村山 由佳 集英社 2001-07売り上げランキング : 23037おすすめ平均 starstar約束。star泣ける!starあの頃に戻りたいAmazonで詳しく見る by G-Tools


■説明
 2003年度の有名男子中学校国語入試問題に多く出題された本だそうです。大人になった主人公のぼくが小学校4年生の頃のヤンチャ・ノリオ・ハム太という3人の友達のことを思い出して、この話は始まります。4年生になった昭和62年、一緒に遊んでいたヤンチャが原因不明の病気になってしまいました。皆がヤンチャを元気付けようと一緒に力をあわせてひとつのことに取り組もうとします。

■感想
 うーん。残念だけれど、「夏の庭(記事にリンクしてあります)」に比べてしまって読みおとりがしてしまいました。読んでいて、きちんと物語に入り込めなかった、逆に言えば引き込まれなかったというところが最大の敗因かもしれません。 最近の読み物にありがちな感じ。他人事や、ドラマをガラスのこちら側から見ているかのように、感情面でサラリと水のように粘り気少なく書かれているように感じるものも多く、この子供たちのその頃の熱い思い、願いが希薄に感じられてしまったことが残念でした。
 
 入試対策として読んでおくのだったら良いのかもしれない。ですが、同じような話としてオススメするならば私は夏の庭を推します。
    
| 子供の本 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
魔女モティ
■著者 柏葉幸子
■星   ★★★★

魔女モティ
魔女モティ柏葉 幸子 講談社 2004-07-13売り上げランキング : 135,150Amazonで詳しく見る by G-Tools


■説明
 小学校五年生の紀恵は家出中。紀恵のきょうだいは、中二のお姉さんと来年小学校に上がる弟。紀恵は真ん中の子だ。お父さんもお母さんも「子供は何人いても、同じようにかわいい。」というけれど、 本当は同じじゃないから、同じように同じようにと言っているんだと紀恵は思っていた。だって...

■感想
 霧のむこうのふしぎな町(読書記録へリンク)をアマゾンで検索していたら、この本もイカガ?と紹介されていたので、気になった本。私は長女だけれど、真ん中の子の気持ちを、こういうこともあるのかもしれないと思いつつ読んだ。 子供の頃 「お母さんが心配してくれればいい」と思って家出したいと思ったこと、あったあった。 
 私がこの本を読んでいると息子が、「おもしろい?」と聞くので「おもしろいよ」と答えると「読んで」とのこと。最初の一章を夫と息子の前で読むと「ひどーい」と息子「それはひどいなあ」と夫。 紀恵ちゃん、みんな紀恵ちゃんが家出をしたかったわけわかったみたいだよ。。と思った。私ももちろん「それはひどい」と思ったからどんどん次を読んだわけだ。

 紀恵と同じ小学校5年生の女の子にピッタリの本だとおもうけれど、母親として自信をなくしているお母さんもなにか感じることがあるかも。同じ年頃の娘・息子をもつお母さんが読むとまた、別の感想がありそうだ。


| 子供の本 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
霧のむこうのふしぎな町
■著者 柏葉幸子
■星   ★★★☆

霧のむこうのふしぎな町 (新装版)
霧のむこうのふしぎな町 (新装版)柏葉 幸子 講談社 2004-12-16売り上げランキング : 136,911おすすめ平均 starstar絵がなぁ・・・star子供の頃に読めばよかった!Amazonで詳しく見る by G-Tools


■説明
お父さんに勧められて夏休み「霧の谷」に行ってみることにしたリナ。一人で電車をのりついで駅についてみたのだけれど、心細いことにそこでは「霧の谷」と知っている人はいないし、誰も迎えに来ていないのだった。

■感想
 「千と千尋の神隠し」の原作本として有名になたこの本、読み始めるときは、原作本だということは頭からとりはらって読んだ方が良いと思います。設定は似てはいるものの、別物のお話だと思って読むべし。中盤くらいまで千と千尋の影がちらちらと見えてきてしまい、かなり難儀でした。(まったく違う話だというのに)

 千と千尋を意識して読み始めた私も霧の谷について、仕事をもらうまでここを乗り切ればあとはとんとん拍子に進みました。

残念だったのは、絵。主人公の女の子はどうやらぽっちゃりしている子のようなのに、絵の女の子はだれがみても「ぽっちゃり」はしていない。絵のある本は、こういうところが気になります。 子供のころからそういう思いはあって、(子供の頃でこそそういう思いは強いのかもしれない)話はそれますが、 小公女のミンチン先生の目が「さかなのような目」とあったところに目が魚の形をしていたので、びっくり。。。という記憶まで出てきちゃいました。(小学校低学年〜中学年で読んだ本だと思うのだけれど、子供の頃の記憶ってすごいですね)
この記事を書こうと検索してみたら、表紙絵の違うバージョンもあるみたいです。
霧のむこうのふしぎな町 新装版
霧のむこうのふしぎな町 新装版柏葉 幸子 竹川 功三郎 講談社 2003-03-15売り上げランキング : 17,595おすすめ平均 starstar必要だから、出会えた・・・star思いでの一作star霧のむこうにはあなたのしらない町があったら…Amazonで詳しく見る by G-Tools


こちらはどんな感じなんだろう。

内容は、一つ前に読んだ裏庭よりももう少し対象年齢が低い感じ。小学校高学年とありますが、読める子は中学年くらいから読めると思います。どちらかというと感情移入しやすいから女の子向けかもしれません。

 一人で未知の世界に飛び込んでいくこと、飛び込んで、相手をみながら自分なりのやり方をみつけてみると最初は怖そうに思えてもうまく行くことも多いこと。 そういうことは生きていても多く遭遇することのような気がします。子供たちにはそういう思いを見つけてほしい。感じてほしいなあと思いながら読みました。
 なんだかだいいながら、おみやげのところでついホロリと来たのはやっぱり人の温かさを感じたからだと思います。
| 子供の本 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
裏庭
■著者 梨木 香歩
■星   ★★★★

裏庭
裏庭梨木 香歩

新潮社 2000-12
売り上げランキング : 5,945

おすすめ平均 star
star一語一語が直接心に響く物語
star強さと脆さと優しさと
star梨木さんのお話は大好きです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
「丘の麓のバーンズ屋敷に何か秘密があることは、当時その辺りのこどもなら誰でも知っていた。」
とはじまる。 主人公の照美の両親は、共働き。帰ってくるのはいつも十一時過ぎ。照美には双子の弟純がいたが、六年前に風が原因で肺炎を併発して亡くなった。

■感想
西の魔女が死んだ を読んだときにはそんなに印象が強かったわけではなかったので、とりたてて 裏庭を読みたいと思っていたわけではないのだけれど、なんとなく購入してしまったのがこの本。 ところが、この本は私の期待を良い意味で大きく裏切る本だった。 
 なによりも、一つ前に読書記録をつけた宮部みゆきの 鳩笛草の点数が低くなってしまったのは、この本を読んでしまったからだと思う。

 おもえば、息子がこの年になって本を読み始めるまでは、私はいまさら自分が児童文学を読むようになるとは思わなかったし、たしかに昔懐かしい本をもう一度読みたいと思うことはあっても、児童文学に はまっている人を 心のどこかで不思議に思っていたように思う。けれど、児童文学の世界を大人になってから体験してしまうとこれがまた目くるめく世界であり、大人が読む本の物語の薄っぺらさに驚いてしまう。 この本は、子供向けの本の中で私に印象深い本のひとつになった。

 だいたい、この本を購入したときには普通の文庫本で、児童文学だなんてゼンゼン意識していなかったのだ。ところが、物語の中盤で、あることが起こってから「あら?この本、こういう本だったの?」と軽く驚いた。

 この本は児童文学であると思う。でも、私は過ぎ去った子供の気持ちに立ち返って読むと同時に、親の視点でもこの本を読んだ。
裏庭での3つの国のオババたちの話も、もちろん、心に深く問いかけるできごとではあるのだけれど、それと同時に私は父の気持ち、母の気持ち、それから母の母の気持ちとさかのぼってそれぞれに感情移入して読んだ。特に、ほとんど脇役である父の気持ちにはつい涙が出てしまった。

さて、おばばたちの話は、ネタバレになるので、以下マウスで反転させて読んでください

アェルミラ
皆、だんだん無口になった。自分より他のものに関心がもてなくなってきたのだ。傷を負うことを恐れたのがそもそものことじゃ。

チェルミュラ 
傷が、その人間の関心を独り占めする。傷が、その人間を支配してしまうのだ。本当に、癒そうと思うなら、決して傷に自分自身を支配させてはならぬ。

そうして、サェルミュラでは。。

あとは読んでみてください。 
| 子供の本 | 15:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
魔女ジェニファと私
■著者 E.L.カニグズバーグ
■星   ★★★★

魔女ジェニファとわたし
魔女ジェニファとわたしE.L. カニグズバーグ E.L. Konigsburg 松永 ふみ子

岩波書店 2001-05
売り上げランキング : 50,869

おすすめ平均 star
star自分の殻から出られない人へ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
転校してきたばかり、ひとりぼっちのわたしは、ハロウイーンの日に木の上に座っているジェニファと出会います。ジェニファは自分は魔女だというのです。

■感想
 子どものころ、なにかについて話すときに「ああ、この子は大人だなあ」と尊敬してしまうような子がクラスに1人はいたように思う。それは、別にファッションやら、経験やらそういうものではなくて、何かについて自分が考えもしていなかったような穿った考えをさらりと言う子のような。
 小学校6年のとき、禁止されていた「こっくりさん」を学校でやったことがある。おそるおそる二人組になり、指を出した私のコインはまったく動かなくて、相手を別の子に変わった途端 驚くようにスルスルとコインが動き始めた。 そのとき、私は少し気になっている男子がいて、誰にも言っていない秘密だったのに、コックリさんは、その子のクラスや頭の文字などいとも簡単に当ててしまったのだった。
 
 そんなことを懐かしく思い出しながらこの本を読んだ。大人になってみるとわかる少女時代の魔法の思い出。子ども用の本となっているけれど、この本を思い切り味わえるのは大人になってからのような気がする。
| 子供の本 | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鬼の橋
■著者 伊藤遊
■星   ★★★★★

鬼の橋
鬼の橋伊藤 遊

福音館書店 1998-10
売り上げランキング : 97,542

おすすめ平均 star
star思春期の頃の自分に読ませたい
star子どもより先に一気に読んじゃった
star油断してたら泣くぞ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
貴族の息子小野篁は橋を渡ろうとしたところで、浮浪と思える身なりも汚い女の子に「橋にあやまれ」と頭ごなしに怒鳴られた。丁度1月前になくなった妹と同じ年頃の女の子だ。
橋の向こうは篁のつらい記憶のある場所。そこへ行こうとする途中だった。

■説明
 息子の読書記録をつけている子ども用の本のブログlocusにcatseyeさんからコメントいただいた知った本です。すごい本でした。福音館の本で、子ども用の本だけれどこの本は大人用といわれればそれで通用する本です。小学上級以上となっているので、5,6年生から読めるのかな。

 最初、数ページの導入部を過ぎてから主要な登場人物が出揃ったあたり。そのあたりから一気に憑かれたように読み進んでしまいました。何がすっきりとわかるわけでもありません。その見え隠れする何かを追い求めるように次へ次へとページをめくってしまいました。すごい本だと思います。
 主人公の篁は、迷いの真っ只中。やることなすことうまくいかない思いを抱えています。彼にはそうなる理由があったのです。しかしその橋の上で声をかけた女の子とのかかわりから彼はさまざまなことを体験し考え始めます。 なによりも、私には鬼の存在が大きくてたくさんのことを考えさせられ、そうしてないてしまいました。ただ、感動したことをここで書いてしまっては読む方の楽しみをうばってしまいそうなので書きません。でも、読んで損しないとても面白い本だと思います。息子が小学校高学年になったら必ず読ませたいです。図書館で借りた本だったのですが、新しいものを自宅用に購入しました。
| 子供の本 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
つくも神
■著者 伊藤遊
■星   ★★★★

つくも神
つくも神伊藤 遊 岡本 順

ポプラ社 2004-11
売り上げランキング : 40,976

おすすめ平均 star
star古さと新しさと
star<なった>古道具たちの冒険物語
star古いものの良さ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
つくも神とは、長い時を経て魂を宿した道具たちのこと。ほのかの住むマンションで放火騒ぎがあった。同じマンションに住む口うるさい井上さんは、最近帰りがおそいほのかのお兄ちゃんが怪しいといわんばかりの言動をする。

■感想
 なによりも表紙のカエルに惹かれて手に取ってしまいました。袴をはいているのに、黄色い傘をかかえて走っています。本の内容は小学校5年生くらいから読めるものだと思います。
 物に対するいつくしみがあふれた良い本だとは思うのだけれど、表紙絵で私の想像が一人歩きしてしまい、つくも神たちが縦横無尽に活躍する壮大なファンタジーを期待してしまったので 内容にあまり入り込めなかったのが残念。
 でも、良く考えてみると、まだ時間や空間を行き来する本に慣れていない子たちが読むには丁度良いくらいの時間旅行・空間旅行かもしれないと思い直しました。
 身近なマンションが舞台というのもそういう子どもたちに入り込みやすい設定となっているとおもいます。
| 子供の本 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コララインとボタンの魔女
■著者 ニール・ゲイマン
■星   ★★★★

コララインとボタンの魔女
コララインとボタンの魔女金原 瑞人 中村 浩美 ニール・ゲイマン

角川書店 2003-06-28
売り上げランキング : 270,455

おすすめ平均 star
star面白いかも
star現実のユートピア
starおとうさん、おかあさん是非、一緒に読んでください。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
表紙裏の「誰にでもみんな、もうひとりのママがいるのよ、コラライン」というのにひかれて、なんとなく怖そう(だって、表紙絵の目もボタンなんだもの)だから気になって手にとりました。
ララインはお父さんとお母さんとで3人家族。自宅でコンピュータ関係の仕事をしているお父さんもあまり相手をしてくれない。お母さんはコララインの話なんてまったく聞いてない。料理もお父さんが作ります。いつもひとりぼっちで退屈しているコラライン。
ところが、家にあるふさがれたドアの向こうになぜか行ってしまってからは話は大変な方向に。ドアの向こうにはコララインの家と同じような家があり、そこには不自然に色の白い、ボタンの目をしたおかあさんがいるのです。

■感想
話はあくまでも淡々と 真っ白な顔のお母さんを思い浮かべるように静か過ぎて不気味な感じを湛えながら進みます。最近読んでいた「ハッピー」「かわいい」物語とちがって、「不気味」で「八方塞?」というお話。 でも、コララインはひとつひとつ自分で解決をしてゆきます。

なにげなく、息子にこの物語のあらすじを「こわいんだよぉ」と話してやったところ 「読みたい!」といいだしました。文字数からしても、話の展開からしてもたぶんまだムリだと思います。でも、怖い話、八方塞のように思える話って、私は昔どうして読んでいたんだろう。そういう困難を登場人物と一緒に物語の中でやっつけていたんだろうな。息子はそういう怖い話を読みながら、擬似的にその状況を乗り越えるという経験をしたいと思っているのではないかしら。

 最初のコララインの状況をよんだときは、忙しいときに「あとでね」と言う自分と、遊び相手のいない一人っ子のつまらなさを想像して、息子に対して大変申し訳ない思いをしたのだけれど、反対にある程度育った子どもたちは、大人の世界と切り離した状況が必要なのかもしれないと思いはじめました。
小学校に上がり、友達ができたら、大人が遊んでやるのではなくて、子どもが自分で考えて自分で解決するという経験が絶対必要だという気もしてきました。

 この話、読むだけだと多少退屈なところもあるのですが、映画になると大変怖そう。
偶然なんですが、コララインとボタンの魔女はどうやら映画化されるようです。

| 子供の本 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
今夜は眠れない
■著者 宮部みゆき
■星   ★★★★★

今夜は眠れない
今夜は眠れない宮部 みゆき

中央公論社 1998-11
売り上げランキング : 228,294

おすすめ平均 star
star少年探偵団みたいな楽しい小説
star私は一番好きです。
star現実のつらさとあたたかさ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
中学生の僕は両親と3人住まいの中学一年生。そこそこ普通に成長して、大人の世界を垣間見るようになった年代の普通の男の子。ところが、その普通の男の子には驚くような出来事が。。友達の島崎が協力してくれて一緒に謎を解こうということになる。

■感想
 夢にも思わないを先に読んでから こちらも読みたいと探してきました。面白かった。最後の最後までこの真犯人はわからなかったなあ。僕と島崎の名コンビぶりをよむにつれ、楽しかった中学時代を思い出します。本当に中学生の頃この本を読んだらどんな風に感じたかな。
 私は夢にも思わないよりも、こちらの方が好き。 こちらも、もし文庫本を買うならば表紙絵がこの方をオススメします。なぜなら こちらにもパラパラマンガがついているから。(^^)

 とても楽しい本だけれど、さりげなくはっとするような表現がちりばめられているところも好きです。
「子供はすぐに大人になれるわけじゃない。煉瓦を積んで塔を建てるように、一日ごと、一時間ごとに積み上げられた経験が、喜びやかなしみが、子供を大人へと積み変えてゆく。」
 大人になれば大人になったでそれぞれの立場でこの本が読めそうなんだよなあ。
なんとなくじーんとした読後感の本でした。
| 子供の本 | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセス解析とっています。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE