Books Cinemas That's ...... 園丁

読書記録・映画鑑賞記録
ロック ユー!
■原題 A KNIGHT'S TALE
■星   ★★★★★

ロック・ユー!
ロック・ユー!ヒース・レジャー ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-09-27売り上げランキング : 9331Amazonで詳しく見る by G-Tools


■説明
中世ヨーロッパ。 馬上槍試合は、由緒正しい騎士の家柄でないとチャレンジできないというものだった。主役のウィリアムが仕えている騎士が試合中に亡くなり、賞金ほしさにウィリアムが止める仲間をふりきって、身代わり出場することにする。

■感想
音楽は、私のようにロックを知らないものでも聞いたことがある ROCK YOU! 冒頭から中世の槍試合でこの音楽に合わせてノリノリの観衆が映し出されて、一気に楽しい雰囲気に引きずり込まれてしまう。
 こういう場面、何かのCMで観たことがあるぞ!と検索したら、どうやらペプシで同じような場面のコマーシャルをやったことがあるんだけれど、でも、でも、 ナイキのCMでなかったっけ? YOUTUBEで検索しても出てこないからこれは私の勘違いだったのかもしれない。 でも ナイキのCMだったらもっと「やるなあ」だけれどなあ。

 ウィリアムの物語としても娯楽映画として十分だと思うけれど、芸のこまかいところがツボ。 途中で ジェフリー・チョーサーが出てきたり
 たしかリチャード2世も出てきたなあ。

私は、民放のテレビ放映で見たからか ラストがブチリと切れたところが本当に残念。 ROCK YOU! ではじまったらこの盛り上がった気持ちはきっと ROCK YOU! で終わらないと。 たぶん、本当の映画はそう終わったに違いないと思う。

 これでは気持ちが治まらない! と録画していた映像の頭に巻き戻して 最後に 冒頭の ROCK YOU!を 聞いて終わりにした。

リンク切れするかもしれないけれど、

 YouTubeのペプシCM ROCK YOUはこちら
画面上の▲マークを押しても動画が見られます。こちらはブリトニー
| 映画(家族と一緒に) | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
下妻物語
■原題 下妻物語
■監督  中島哲也
■星   ★★★★★

下妻物語 スタンダード・エディション
下妻物語 スタンダード・エディション中島哲也 東宝 2004-11-26売り上げランキング : 447おすすめ平均 starstarそれぞれのキャラがたってて最高!star軽快なテンポの秀作コメディstarおもしろい!Amazonで詳しく見る by G-Tools


■説明
 竜ヶ崎桃子は、ロリータファッションが好きな女の子。一言で言うと、その桃子と ヤンキーの白百合イチゴの友情物語。。。。。。 と、私は聞いたし、見たあともたしかにそうだと思う。けれど、その一言では片付けられない映画がこの映画。

■感想
 深キョンファンでもなんでもないし、世に存在するロリータファッションというのも 「ま、最近はいろんなものがはやるのね」と見ていた私。 確かに深キョンはロリータファッションは良く似合ってかわいらしいけれど、それだけじゃねー。 とテレビでやらなければ見なかったと思うのだけれど、これがビックリの楽しくてすっきりする映画でした。
 これぞ、コメディ! 日本の映画の認識を改めてしまった。

 深田恭子は、富豪刑事よりも数倍いい。 あいかわらずの狙った棒読みなのかダイコンなのかわからない言葉遣いも、こちらは違和感なくて、後半の山場では 「やっぱり深田恭子は、ダイコンじゃないんだな。あれは計算されたキャラなんだな。」と納得する演技でした。
 土屋アンナ!!!!!! すごくうまい。 根っからのヤンキーかと思うような動作、行動、しゃべり方。。かとおもえば、幼少の頃からの役もなんなくなりきっていて、この二人のコンビは 最強! 

 この映画、とにかくだまされたと思って一回見て欲しい。嫌いだったらごめんなさい。 でも、我が家では 家族全員気に入ったあげくに2回も続けてみて、もう2,3回見てもイイカナアーなんて思ってしまった挙句に、ちょっと恥ずかしいけれど、感動までしてしまったpon2なのであったのだった。
| 映画(家族と一緒に) | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タイムマシン
■原題 THE TIME MACHINE
■監督  サイモン・ウェルズ
■星  ★★★

タイムマシン 特別版
タイムマシン 特別版ガイ・ピアース H・G・ウェルズ サイモン・ウェルズ ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-18売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools


■説明
 最愛のエマに会い、結婚の申し込みをしたその直後、公園に潜んでいた物取りに金目のものをあさられたアレクサンダー(ガイ・ピアース)とエマ(シエンナ・ギロリー)。エマはもらったばかりの婚約指輪まで出せといわれる。

■感想
 有名なタイムマシン。原作は子どもの頃に読んだかどうか記憶がさだかではない。1959年のタイムマシンは未見。
 ガイ・ピアースの7・3分けがあまりにも似合わなくて「猿みたいだなあ」と出っ歯ばかりが気になってしまうけれど、前半の時代から時間旅行しはじめたころまでは時代設定、その時代の風俗を楽しみながら見た。後半、ガイ・ピアースがすっかりとアクションになじんで、こっちの方が違和感がない(のは猿みたいだから?<ウソです。ファンの皆様ごめんなさい。)その時代の女性 マーラ(サマンサ・ムンバ )はまるで人気絶頂の頃の安室奈美恵みたい。 映像としては色々楽しめたけれども、ストーリーとしてはやっぱりちょっとムリというか安直に進みすぎるなあーと 彼がその選択をした理由というのが弱いような気がした。
 まあ、そうはいっても、長い地球の歴史を映像で見せてくれるというのは映画ならでは。 娯楽大作です。

 検索してみたら監督の サイモン・ウェルズさんは H.Gウエルズさんのひ孫だとか。 
| 映画(家族と一緒に) | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スペース カウボーイ
■原題 SPACE COWBOYS
■監督  クリント・イーストウッド
■星  ★★★★
スペースカウボーイ 特別版
スペースカウボーイ 特別版クリント・イーストウッド トミー・リー・ジョーンズ ドナルド・サザーランド ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-09-30売り上げランキング : 4,709おすすめ平均 starstarこれに比べたら『アルマゲドン』は青い青い!starメンバーだけで泣けてくる。。。Amazonで詳しく見る by G-Tools


■説明
 若い頃、宇宙飛行士を夢見て過酷なトレーニングを積んでいたチーム。ところが、それは実現せずに皆の夢が破れることとなる。 そのリーダーであったクリントイーストウッドの設計がなぜか旧ソ連製の人工衛星に使われ、今となっては古すぎる技術であるために現在の人たちではまったく理解不能。そのため、イーストウッドに修復の問い合わせが来る。

■感想
 最近「年取ったなあ」と思うことが多く、老いというものが妙に身近な今日この頃。そんなときに、「じいちゃんたちが元気で若いもんにはまけないぜ」というこういう映画は 「いいねえー」と見てしまう。
 特にイーストウッドはそんなにファンでもないのだけれど、こわもてのトミー・リー・ジョーンズは大好き。彼がいい役をやっているだけで点数も甘くなるというものだ。
もともと 並外れた体力をもった「じいちゃんたち」だけれども、超人じいちゃんというわけでもなく、もちろんそこそこ出来ないところもあるというのがご愛嬌。そうでないと「ありえなーい」で見たくなくなっちゃう。カッコイイと同時に随分とチャーミングなじいちゃんたちで、そこいらのお尻の青い若造なんて目じゃないぜ。こういうじいちゃんがいたら、モテモテだね。と思う。 話がさくさくテンポ良く進むのも、「ありえない話」であり、「娯楽作」だからすごく好ましいと思った。
ラストの音楽も、うー。やるなあ。と。
 ただし、私、この映画を見るのは2回目なので大体筋は知っていた。それでももう一回見たいなあと思う映画。面白いです。

 そうそう。映画の設定はあながちない話ではないと思った。会社に勤めている頃、COBOLの技術者が不足しているとかいう話があった。 随分前に作ったプログラムがまだ使われているけれど、いまさらCOBOLを学ぶ人がいなくて その時代の人が求められているとかなんとか。 そういえば、デザインの仕事をしていた人も 「今はなんでもコンピューターだけれど」と手作業についてきちんと学んだ話しをしていたなあ。
 なんでもコンピューターがなければ出来ない人たちがほとんどになった頃に、私もスペースカウボーイみたいに出番がヤッテクルカモ? なーんてね。
| 映画(家族と一緒に) | 18:10 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
マイ フレンド メモリー
■原題 THE MIGHTY
■監督  ピーター・チェルソム
■星  ★★★★★

マイ・フレンド・メモリー
マイ・フレンド・メモリーシャロン・ストーン ピーター・チェルソム キーラン・カルキン

角川エンタテインメント 2005-08-26
売り上げランキング : 3,706

おすすめ平均 star
star良い映画
star生涯で最高の友達

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
 「人殺しの息子の頭の中身は空っぽ」とはやし立てられる主人公は中学を2年も落第している男の子。体はでかいけれど、皆にバカにされても立ち向かうわけでもなく、ほとんど口もきかない。
そんな彼と、となりに越してきた男の子の物語。

■感想
 上のアマゾンのリンクをたどってしまうと、ほとんどネタバレ状態の評があります。ご注意を。
なんの前提知識もないまま なにげなく見始めてしまったのですが、最初からぐっと映画に引き込まれてしまいました。 エルデン・ヘンソン キーラン・カルキン 子役二人の演技がすばらしい。 
 はっと気がつくと キアラン・カルキンのお母さんをシャロンストーンがやっていました。「あれ?シャロンストーン?」と気付かないほど地味な役でしたが、押さえ気味の演技も良かったと思います。こういう役もできる女優さんだったんだなあ。

  それにしても、この安っぽい 「マイ フレンド メモリー」というやる気のない邦題はなんだろう?
と思っていたらこの映画を検索したとたん 同じような記載に山ほどあたりました。皆そう思うよね。

 納得しながら読んだ映画評は 
マイ・フレンド・メモリー(wad'sさんの映画メモ)

原作は 
Freak the Mighty
Freak the MightyW. R. Philbrick

Scholastic Paperbacks 2001-06
売り上げランキング : 248,560


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本語訳は
フリーク・ザ・マイティ―勇士フリーク
フリーク・ザ・マイティ―勇士フリークロッドマン・フィルブリック 斉藤 健一 Rodman Philbrick

講談社 1995-07
売り上げランキング : 909,017


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 読んでみたい気もするけれど、どんな感じなんだろう。

さて、以下はネタバレ
二人の少年の出会いの夜のシーンがとても美しくて。まるで恋愛映画の恋に落ちる場面のよう。仏頂面しかしていなかった エルデン・ヘンソンの表情の変化がすばらしいです。 泣かせるための映画は「これでもか。これでもか」と泣かせの場面で攻撃してくるものだけれど、この映画は あっけないほどにストンと進むストーリーにこちらが驚いてしまいました。そうして、かえってそれがこちらの心に響く映画になっているように思います。 特に ラスト直前に エルデン・ヘンソンが 「秘密」と教えられた建物に入ってからの表情はすばらしかったです。

ああ、こうやって書いていると何がどうすばらしかったのか書けば書くほど陳腐な感じがしてきました。私は何度も何度でも見直したい映画です。
因みに 昨日は2回もみてしまいました。  今日ももう一回見てもよいくらいです。

 追記

主題歌は スティングが歌っているそうです。
一部抜粋

破れても勇気を持ち
負けても誇りを失わず
打たれても立ち上がり
禁じられても語り
呪われても はね返し
拷問されても耐え
盲目にされても見つめ
毒を盛られても清め
声を奪われても歌い
足かせをされても走り
踏みにじられても 太陽に顔を向けよう
ぼくらは世界を見下ろして歩く

| 映画(家族と一緒に) | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
黄昏
■原題 ON GOLDEN POND
■監督  マーク・ライデル 
■星  ★★★★

黄昏
黄昏ヘンリー・フォンダ アーネスト・トンプソン マーク・ライデル

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-11-25
売り上げランキング : 4,712

おすすめ平均 star
star夫婦の晩年もかくありたい。C.ヘプバーンが名演。安い!
starフォンダ親子とキャサリン・ヘップバーンの競演を美しい自然が見守る・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
 湖の近くの別荘ににやってきたのは老齢の夫婦。夫の方はかなり偏屈。奥さんは楽天家。あしたは夫の誕生日。長く連絡をとっていない娘がフィアンセをつれてくるという。

■感想
 同じように男女が主人公でありながら一つ前のトゥルーロマンスとは真反対に位置づけられるだろうなあーと思うストーリー。 両親の老いも感じつつ、もうそろそろ自分が老いたらとか、自分が寿命を迎えたらとおもうこともあるようになった私だけれど、なによりこんな風に夫婦で年がとれたらいいなあと思うような映画でした。
 若い頃には死というのは恐ろしいものでしかなかったのだけれど、生きているものはいつかは死んでしまうという自然の摂理を、ある程度年をとった今はそのまますんなりと受け入れることができるようになってきたと感じます。 そういう「近い将来自分のことになるであろう老い」というもの「私もいつかは迎えることになるであろう死」というものを、今の私くらいの年齢になったら自然なこととして受け入れられるものだなあとおもいつつ映画を見ました。
  夫と二人で見たのですが、老齢を迎えた人の行動は危うくて見ていられないような感じです。
でも、二人で暮らすしかなければ、お互いできるだけのことで補いあって生きていくしかないんだなあとおもいつつも、人生の終わりに向かうひとときをこんな風に迎えられたらいいなあと思ってみました。
 いつもは、映画の題が「しっくりこない」と思うことが多いのですが、この邦題はすばらしいと思いました。

 老いてもなお美しいキャサリーンヘップバーンが輝くようです。
ケース裏の説明では、
 
実生活でも確執が伝えられたフォンだ父娘の競演、長年アカデミー賞に縁のなかった父、ヘンリーが初の主演男優賞を受賞したことでも話題となった

とありました。

allcinema on line では

J・フォンダが不仲だった実父ヘンリーのために用意した作品で、スクリーンの裏側でも映画同様の葛藤が行われていた。念願かない、父と娘の絆は現実でも虚構でも復活し、ヘンリーはオスカーを受けて永眠。
とあります。
| 映画(家族と一緒に) | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジョー・ブラックをよろしく
■原題 Meet Joe Black
■監督 マーティン・ブレスト
■星  ★★★★

ジョー・ブラックをよろしく
ジョー・ブラックをよろしくブラッド・ピット マーティン・ブレスト アンソニー・ホプキンス

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-04-01
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
 成功者のアンソニー・ホプキンスは、数日後に誕生日を控えた夜中不気味な声で目が覚める。

■感想
 ブラピがステキ。。とかいう評をいくつか読んでからの鑑賞でした。私は渋いアンソニーホプキンスのまな板の鯉という状態の演技がよかったなあ。
 死神のブラッド・ピットの頓珍漢さが、お決まりのといえばお決まりの。しかし、クスリと笑いを添えて重いテーマ・怖いテーマとなりそうな映画が 随分と美しいイメージの映画に仕上がっているなあと思いました。なんといっても、舞台はため息が出そうな大金持ちのお屋敷。 一度こういう生活をしてみたいわ。(なんてね)。

 さりげなく、家族同士の関係も描かれていて、「ブラピ」だけで見るにはちょっともったいないなあと思いました。

 さて、ネタバレは下に色をかえて。強烈なネタバレなので、これから見る人は読まないほうが良いと思います。



女性側からみて、死神と生きているときに出会った彼は入れ物は違っても精神は異なるはず。恋をしたとき、それは中身である死神に恋をしたわけで、いくら肉体がおんなじでも、別人であるべき前に死んだ人を生き返らせてそれで代わりになるかといえば。。。。うーんどうなんだろう。 「あなた、なにか違うわ」ってことにならないのかな。 それとも、最初から好印象の彼だったのだからこれから新しい恋物語が始まるってことかなーなどと思ったのでした。


 

| 映画(家族と一緒に) | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
みんなのいえ
■原題 みんなのいえ
■監督 三谷幸喜
■星  ★★★★

みんなのいえ スタンダード・エディション
みんなのいえ スタンダード・エディション唐沢寿明 三谷幸喜 田中邦衛

東宝 2005-12-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
念願かなって家をたてることになった、夫婦。 田中直樹 ・八木亜希子。妻の 八木亜希子は、知り合いのデザイナーに頼みたいと言い、それに決まったけれど、彼は建築士の免許は持っていない。そこでお父さん(建築士の資格ありの大工)にその当たりを頼むことにするのだが。。

■感想
ラヂオの時間に比べると、ちょっと見劣りするかなーと思いつつ、三谷幸喜っぽい隙間にふとみかけるおかしさみたいなものは健在。
 お父さん(田中邦衛 )と デザイナー(唐沢寿明)の意地の張り合い、だましあいなど、人同士のいざこざなんて一歩離れてみたらとってもおかしいものなのではないかしらとおもえてくる。
八木アナは、思ったよりも好演。地で演技なのか、素っ頓狂な甘えっ子のかわいいワガママ娘というのがよく現れていたように思う。
| 映画(家族と一緒に) | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ラヂオの時間
■原題 ラヂオの時間
■監督 三谷幸喜
■星  ★★★★

ラヂオの時間 スタンダード・エディション
ラヂオの時間 スタンダード・エディション唐沢寿明 三谷幸喜 鈴木京香

東宝 2005-12-23
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star良かった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■説明
家事とパチンコ屋店員(パート)の片手間に応募したラジオドラマに見事入選したことから、自分のドラマがラジオで放送されることになった 鈴木京香。 ところが、諸般の事情から 生放送ドラマとなることになった。 ところが、困ったのは主演女優の戸田恵子。売れない女優で演歌歌手なのだが、これがワガママでワガママで。。。彼女のワガママで、刻々と書き換えられてしまうシナリオ。。。

■感想
 三谷幸喜っぽい 「くすっ」という笑いがつまった映画。ありえないおかしさは、コマゴマ、チマチマとしているのだけれど、見ているうちにその笑いが心地よくなってきて、なんだか小さな劇場のお笑いを交えた劇を見ているかのような気持ちにさせられる。
 小さなことがどんどんつみかさなってきて。。という次は何が起こるんだろう。。という期待感が楽しい。

| 映画(家族と一緒に) | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フォーチュン クッキー
■原題 FREAKY FRIDAY
■監督 マーク ウォーターズ
■星  ★★★★

フォーチュン・クッキー 特別版
フォーチュン・クッキー 特別版ジェイミー・リー・カーティス メアリー・ロジャース リンジー・ローハン

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-12-21
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■説明
娘と息子をもつテスは、来週の金曜日に結婚する予定の、精神科医。反抗期?の娘と衝突することはあるけれど、幸せな生活をしていたのだが。。。チャイニーズレストランで娘と喧嘩をしたことから娘と体が入れ替わってしまう。 娘は娘で大切なバンドの晴れ舞台。母は母で結婚を目の前に控えているのに、期日までに元に戻りたい。。。

■感想
 ディズニー映画なんですね。だから、まあ安心して子どもと一緒に見られるというもの。なによりも、テス(ジェイミー・リー・カーティス)の変身ぶりがものすごい。どう見てもオバチャン体型バリバリで、ああ、どこの国も母ってこんなものかしらねーというテスが入れ替わったとたんに見せる変わりようは胸がすくよう。 バンド活動のミスマッチさも良い味出しているって感じ。
 そう思ってみていたら、この映画で、彼女はゴールデン・グローブ賞にノミネートされたそうで、なるほどー。
 ストーリーとしてはありがちなものなので、意表をつかれるということはありませんが、その分、安心して見られるお茶の間映画だとおもいます。
| 映画(家族と一緒に) | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセス解析とっています。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE